カップヌードルが好き

カップヌードルが好き

今、無性にカップラーメンが食べたいです。

インスタントラーメンやマクドナルドなどのジャンクフードって、

たまにすごく食べたくなるときがありませんか?

体には良くないってわかっているのに、いつまでたってもやめられません。

そんなカップラーメンの中でも、1番好きなのは定番のカップヌードルです。

これに勝るカップラーメンはないのでは、と勝手に思っています。

たまにカップラーメンの中では高級品となる、300円以上もするものを食べてみたりもしますし、新製品も試すのですが、やはり行き着くのはカップヌードルなのです。

まず高級品ですが、有名ラーメン店のものも出ていますし、もちろんそれなりに美味しいのですが、

お店の味にいかに近づけるか、というコンセプトのラーメンなんかは、別にカップラーメンでなくていいと思うのです。

むしろそんなクオリティを求めるくらいならば、直接お店に食べにいく方がいいのではないのでしょうか。

当たり前ですけど、お店の方が美味しいですし。

さらに、この手のラーメンは、作り方が少しめんどくさいものが多いのです。

まずお湯を入れて麺を戻し、そのお湯を捨ててから、再びスープ用にお湯を注ぐ。

まあお湯を1度捨てるだけの話なのですが、これが手間で、

インスタントのくせに・・・などと思ってしまいます。

それに比べてカップヌードルは、お店の味に近づけようとはしていません。

これぞカップラーメンと誰もが思う味で、逆にお店では食べられない味なんですよね。

さらに作り方は何年経とうが変わらずシンプル。

ただお湯を線まで注ぐだけというわかり易さ。

お湯をわかして注いで3分でできあがり。

これこそがカップラーメンの醍醐味ではないかと、わたしは思っています。

わたしは定番のしょうゆやシーフード味が好きなのですが、

飽きさせないように期間限定で、変わった味を発売するところも憎いところなのです。

ついつい乗せられて、新しい味を試してしまいます。

大体はおいしくて、しばらくはまったりもするのですが、

最終的にしょうゆやシーフードに戻るのは、カップヌードルの戦略通り、思うつぼの行動になっていると思います。

こんな文章を書いていたら、本当に食べたくなってきました。

ちょっとコンビニへいってこよう。

札幌のお見合いパーティー|横浜のお見合いパーティー

安眠作戦

うちの子供に限ったことではないでしょうが、小さな子というのは本当に寝相が悪いものです。

わが家は床に直接マットレスを敷いたベッドと蒲団の中間のような寝室です。ですから子供がベッドから落ちるという心配はないのですが、それにしても夜寝かしつけた場所から朝起きるときまでの大移動はまったく想像を絶しています。

シングルタイプのマットレス2つを敷いて、私と夫の間に末っ子は寝ています。

寝室ではそもそも夫婦ふたりの間でもいろいろと齟齬があって、例えば私は暑がりなので窓を開けて寝たいし、エアコンもつけないのですが夫は寒がりでそれを嫌がります。

子供はそれでなくても体温が高く、寝汗もかいているわけで、その末っ子が私にぴったり寄り添うように寝られてしまうと、エアコンを我慢している私としては地獄のような灼熱地帯になってしまうのですよ。

するともう、安眠どころの騒ぎじゃありません。

なので、くっついてくる子供をなにげに(なにげなく、ですよ!)足で夫の側へと押しやるのです。ところがせっかく向こう側へ移動したはずの子供があっという間に移動を開始して、私の腰のあたりに頭がくっついてくるではありませんか。しかも、足が私の胸から首あたりの側にあって、寝返りをうつたびに足で私をキックする形になる!!!

暑い。しかもキックが痛い。で、うざったい。

三重苦ですよ。そこで意を決して、今度は起き上がって両手でしっかりと子供をずらして夫の背中側にくっつけてみるわけです。しばらくはそれでいいのですが、またすぐに子供の大移動が始まってしまうと元の木阿弥なのです。

それで、このごろは子供が寝ると私は自分の蒲団を一種のバリアーのように私と子供の間にまるめておき、こちらがわに寄ってくるのを防ぎます。私は暑がりなので蒲団がなくてよいのです。

これはなかなかいい作戦で、子供はこんもり盛り上がった蒲団までは乗り越えてはこちら側にこないので、しめしめ、これで安眠確保と安心していました。

ところが、夏がすぎて少し涼しくなってくると、子供も無意識のうちに暖かい部分を探すと見えて、タテにしている蒲団にくるりと腕をまわして抱きかかえるようにして寝るようになってしまいました。すると勢いがあるときは、クルクルパッ、と一回転して、私の体にドスンと体当たりするのですよ……。

もう戦いにもつかれ果てて、このごろは安眠妨害をされると私は黙ってリビングに移動し、ソファで寝ています。これじゃ、大移動をしているのは子供より私ということですよ……。なんだかなぁ。